シワの無い服を着用しよう

生地を傷めないためにできること

服を傷めないことを意識する

すばやくアイロン掛けを終わらせようと努力するのは良いですが、作業が雑になると服を傷めてしまいます。
服を守るためには、当て布をしなければいけません。
しかしわざわざ購入するのは面倒ですし、費用が無駄だと思っている人が見られます。
木綿のハンカチがあれば、当て布に使えるので探してください。

アイロンと服の間に、しっかりと当て布を挟んでください。
ウールやカシミヤ、ポリエステルやシルクの服は、必ず当て布が必要です。
すぐに服がダメになってしまっていた人は、アイロン掛けの方法に問題があったのかもしれません。
自分のやり方を、もう1度見直してください。
問題点を改善すれば、服にダメージを与えずアイロン掛けができます。

重心の掛け方を知ろう

アイロンを動かす際は、後ろに重心を掛けてください。
すると、余計なシワを作ることを回避できます。
アイロンの先端に重心を掛けると、うまく動かせないので布に引っかかってしまいます。
シワが増えるので、無駄な時間が増えるでしょう。
アイロン掛けが苦手な人は、重心が間違っていた可能性があります。
後ろに重心を掛けることを意識しましょう。

先端を少し、浮かせることポイントです。
慣れないうちはうまく動かせないかもしれないので、ゆっくり動かしてください。
早くアイロン掛けをしなければいけないと焦っていると、重心を間違えてしまいます。
作業に慣れれば、自然とすばやくアイロンを掛けられるようになるでしょう。
ゆっくり練習してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る