シワの無い服を着用しよう

コツを意識することが重要

正しい方法を知ろう

アイロン掛けのコツは、難しいものではありません。
簡単なコツを意識すれば良いので、誰でもすぐに実践できます。
服の状態を、よく確認してください。
完全に乾いてからアイロンがけをする人が多いでしょうが、そのやり方は間違っています。
シワを綺麗に伸ばすためには、濡れている状態でアイロン掛けをしてください。

乾く前に、洗濯物を取り込んで構いません。
完全に服が乾いた場合は、霧吹きで少し濡らしましょう。
水が滴るほど濡らす必要はありません。
湿るぐらいで良いですし、普通の水道水で大丈夫です。
それだけでも早くシワを伸ばせるので、アイロン掛けの時間を短縮できます。
面倒な家事の時間を短くして、もっと効率を良くしてください。

服を傷めなくて済む

シワを伸ばすためだと言っても、長時間アイロンを服に当てるのは良くないことです。
ずっと当てていると、生地が傷んでしまいます。
服を守るために、短時間で済ませることを意識してください。
濡らしてからアイロン掛けをすることで、早くシワが伸びます。
家事効率が良くなるだけでなく、服も守れるので一石二鳥ですね。

少し濡れている状態なら、アイロンがけをすることで完全に乾きます。
ですから再び、物干し場に干しに行く必要はありません。
アイロンを服に当てると、予想している以上に負担が大きくなると考えてください。
なるべく早く終わらせるため、すばやくアイロンを動かすことも大事です。
しかし慣れないうちは、無理にアイロンを動かさないでください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る