アイロン掛けのテクニックを紹介します

シワの無い服を着用しよう

コツを意識することが重要

実は完全に乾いている状態よりも、濡れている時の方がシワを伸ばしやすいと言われています。 これまでは乾くのを待っていた人が多いでしょうが、今後は乾いていなくても取り込んで、アイロン掛けをしてください。 短時間でシワを伸ばせるので、効率が良いです。

どんな生地が使われているのか

服によって、使われている生地が異なります。 どんな生地が使われているのか、必ず確認してください。 アイロン掛けをする時に、生地を見極めることは重要です。 それぞれの生地で方法が異なるので、生地に合わせたやり方でアイロンを掛けましょう。 すると綺麗にシワを伸ばせます。

濡れている状態でアイロン掛けをする

シワが付いている服を着ていると、清潔感がないと思われます。
自分の印象が悪くなるので、きちんとシワを伸ばした服を毎日着てください。
綺麗にアイロンがけをするコツは、少し湿っている状態の時にすることです。
完全に乾いていると、シワが伸びにくくなってしまいます。
まだ乾いていなくても取り込んで、アイロンを掛けてください。
もししっかり乾いている場合は、キリ吹きで少し湿らせてください。
濡れている状態でアイロンを掛けることで、服への負担も削減できます。

服の生地によって、アイロンの掛け方が異なると知っていましたか。
これまでは、全ての服を同じように掛けていた人がいるのではないでしょうか。
ですがアイロンを当て過ぎると服が焦げて、着られない状態になってしまいます。
お気に入りの服のシワを綺麗に伸ばすために、特徴を知ってください。
またアイロンを掛け終わって、すぐに畳まないでください。
30分ほどの時間を空けてから畳みましょう。

当て布をすることも、忘れないでください。
特にウールやカシミヤはデリケートなので、直接アイロンを掛けるとすぐに生地が傷んでしまいます。
使わなくなったハンカチを、当て布に使っても良いでしょう。
アイロンをスムーズに動かすことで、綺麗にシワを伸ばせます。
そのためには後ろに重心を掛けることが大切なので、これまでのやり方が間違っていたら改めてください。
アイロンが布に引っかかると、余計なシワを作ってしまいます。

生地を傷めないためにできること

アイロン掛けをする際に、当て布を使っているでしょうか。 当て布があることで、生地にダメージを与えずに済みます。 カシミヤやウールなどの服をアイロン掛けする際は、必ず使ってください。 アイロンの正しい動かし方も、知っておきましょう。 正しく動かすと、スムーズにシワを伸ばせます。

TOPへ戻る